2017年03月28日

コードについて

コード進行はコードのつながりとも言えます。
コードについて正しい知識がないとコード進行を理解できません。

コードというのは基本的に4つの音からなります。
ルート、3度、5度がベースとなって、第四の音は6度か短7度か長7度です。

3度とか5度とかいうのは、ルートからどれだけ上がるかという意味です。
ルートが「ド」なら3度は「ミ」です。
3度の場合、その間に半音が無ければ、長3度で、半音が一つあると短3度と言います。
以下、次回で。
posted by ジョージ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コードの基礎